分析事例

販売促進事例

メニュー提案、販売タイミングなどの分析・販売促進事例。

販売促進事例

画像:食卓で登場するメニューのローテーションを知りたい

食卓で登場するメニューのローテーションを知りたい

メニューのローテーションの分析

たとえば、昨晩にカレーを食べた人は翌晩の夕食に、何を食べることが多いのか、脂っこいメニューの翌朝はあっさりメニューなのかなど、食卓視点でメニューの周期性を調査できます。

画像:食卓と売場のギャップを分析したい

食卓と売場のギャップを分析したい

食卓出現頻度と購買頻度の比較

食卓出現頻度と購買出現頻度を重ねて見ることで、メニューが食卓で登場しているのに材料が購買されていないといったギャップの発見が可能です。

画像:食材の使用用途が知りたい

食材の使用用途が知りたい

使用メニューの分析

ある材料が食卓で使用されたメニューをリストアップし、メニューの出現構成比を見ることができます。その材料がどんなメニューに使用され、使用メニューがどう変化してきているのか分析することができます。

画像:汎用性の高い食材を探したい

汎用性の高い食材を探したい

M値分析

M値は、食材(商品)を使ったメニューが何種類あるかを示す値です。M値が高いということは、さまざまなメニューに使われるということで、その食材は「汎用性が高い」といえます。 使われるメニューの種類が多ければ、食卓に登場する機会も多くなる(TI値が大きくなる)傾向があります。すなわち、食材(商品)を活用できるメニューの幅を広げることが、TI値を伸ばす(=市場規模を広げる)ことにつながります。 食材のTI値もM値も低い場合、メニュー提案などM値を広げるための販促を検討する・・・といった施策決定にも役立つ分析です。

画像:クロスMDが効果的なメニューを見つけたい

クロスMDが効果的なメニューを見つけたい

同時出現メニュー分析

この分析は、あるメニューと相性の良いメニューを探す際に役立ちます。 食MAPには、「同時出現」という指標があります。例えば、食卓にご飯だけがのぼるということはほとんど無く、味噌汁であったり、漬物やメインのおかずであったりがご飯の周りに並ぶはずです。ご飯と同じ食卓に並ぶ、これら味噌汁やその他のおかずなどのメニューを、ご飯との「同時出現メニュー」と呼んでいます。 あるメニューXとの「同時出現メニュー」が、単独で食卓出現したときのTI値と、あるメニューXと同時に出現したときのTI値を比較した値を「同時出現特化度」と呼びます。既出の例で説明すると、味噌汁が単独で出現したときのTI値を50とし、ご飯と同時に出現したときのTI値を100としたら、「同時出現特化度」は2です。特化度が1以上であるとき、そのメニューは、メニューXと相性がよいメニューといえます。 ※同時出現TI値とは、あるメニューが出現した食卓1000回あたりの、同時に出現したメニューの出現回数です。

画像:クロスMDできそうな食材を探したい

クロスMDできそうな食材を探したい

同時出現食材分析

この分析は、ある食材と相性の良い食材を探す際に役立ちます。 ある食材Aを使ったメニューYで、同時に使われている食材(同時出現材料)が何か、また、同時に使われる割合(同時出現率)がどのくらいか、ということを探ります。 あるメニューYを作るとき、食材Aと一緒に使われる可能性の高い食材を把握し、同時に販促を行うべき食材・商品が見えます。

画像:販売時期が知りたい

販売時期が知りたい

52週TI値分析

あるメニュー、または食材のTI値の動向を52週間に渡ってグラフ化したものです。メニューや食材の季節性等を知ることができ、いつ売り場での仕掛けを始めるかなど販促のタイミングなどの企画立案に役立ちます。

画像:販売サイクルや容器の容量を検証したい

販売サイクルや容器の容量を検証したい

家庭内在庫分析

JANコード商品の購入から廃棄までの期間内における開封前の未使用期間はどのくらいか、開封から廃棄までの使用期間はどのくらいか、使用回数は何回か、などがわかります。

分析事例トップに戻る

まずはお気軽にご相談ください

ページトップへ戻る